銀行印

会社印鑑とは

 

会社の代表社印

会社は設立登記するとき、代表印も一緒に届けなければなりません。
一辺が、1cm以上で3cmの正方形に収まるサイズとなっております。
通常は、18mmの二重丸で、外側の丸に、株式会社○○○等の会社名を入れ、中丸には、代表取締役印や代表者印とする会社が多いようです。
尚、社名等は特に制限がなく、ローマ字でも認められます。
ローマ字商号詳細は(印鑑の優美ホームページ参照)

社印

一般に 2cmから3cmの正方形で、○○会社之印、角印とよばれ
主に、請求書や、領収書などに使用す印鑑です。

銀行印

預金の払出や、手形、小切手の振り出し等銀行取引の為に銀行などの金融機関に届ける印鑑です。
会社の代表印で銀行印を兼ねる会社もありますが、代表印をその都度持ち出し、紛失や、盗難などの危険、トラブルを避ける意味で、別途銀行印を作成する会社が一般的です。

銀行印とは

銀行印とは、銀行や信用金庫等に預金や、手形小切手の取引用として届けてある印鑑で、認印の一種です。

銀行印が押されていれば、たとえそれが権限のない人が押した場合でも、通常銀行は一切責任を負いません。
それは、銀行取引約定書に「手形・証書の印影を、私の届け出た印鑑に、相当の注意をもって照合し、相違ないと認め取引した時は、手形、証書、印章に、偽造、変造、盗用などの事故ががあってもこれによって生じた損害は私の負担とし、手形又は証書の記載の文言に従って責任を負います」と免責条項や免責約款が入っているかです。

Copyright © 2013 印鑑の優美 All Rights Reserved.