契印と割印

押印の種類について

 

契印と割印

(イ)
契印とは、契約書などの文章が2枚以上の複数からなる場合にそれが一つの文章であることを証明し、あとから抜いたり、加えたり出来なくするために、両ページの境目にまたがって押す印のことです。尚、裁判所に提出する訴状等の書面は、ページが振ってあれば契印は要求されません

(ロ)
割印とは、正本と、副本又は、原本と写しのように同じ文書を複数作成した場合に、関連する一つの文書であることを証明するために、正本又は原本と副本にまたがって押す印です。

訂正印

訂正印とは、作成した文書を書き直したり、書き加えたりする場合訂正した事を証明するために押す印です。
訂正する方法は、訂正する文字を括弧で囲み2本線引いて(二本線)欄外に印鑑を押し。「何字削除 何字加入」とする方法と訂正する文字が少ない場合、訂正文字に二本線を引きそこに印鑑を押し、訂正文字の横に訂正した文字を書き込みます。二本腺を引いた文字は読めるようにしておくことが必要です。

捨て印

捨印とは、後から訂正したり、書き加えたりするために、文章の欄外などに押しておく印で、原則的には危険をともないます。あとから文章の誤りや、加入する箇所が見つかった場合いちいち訂正印を貰いに行く面倒を省くために押します。
公的機関などよっぽど信頼できる場合以外はできるだけ避けた方が良いでしょう。

止め印と消印

(イ)
止め印とは、文章に余白が生じた場合最後の文字の次に印鑑を押し、以下余白と同様の効果の為に押印します。

(ロ)
消印とは、印紙の再使用を防ぐため、印鑑を押すか又は、ボールペン等でサインしたりして、その後使用できなくしてもよいとされております。

Copyright © 2013 印鑑の優美 All Rights Reserved.