銀行印とは

銀行印とは、銀行や信用金庫等に預金や、手形小切手の取引用として届けてある印鑑で、認印の一種です。

銀行印が押されていれば、たとえそれが権限のない人が押した場合でも、通常銀行は一切責任を負いません。
それは、銀行取引約定書に「手形・証書の印影を、私の届け出た印鑑に、相当の注意をもって照合し、相違ないと認め取引した時は、手形、証書、印章に、偽造、変造、盗用などの事故ががあってもこれによって生じた損害は私の負担とし、手形又は証書の記載の文言に従って責任を負います」と免責条項や免責約款が入っているかです。

Copyright © 2013 印鑑の優美 All Rights Reserved.