相続(相続登記)

相続とは

 

相続とは、ある人が亡くなった場合、その人が生前に有していた財産(一切の権利義務)を相続資格のある人が承継する事を言います。亡くなった人を「被相続人」、相続を受ける人(財産を承継する人)を「相続人」と呼びます。

相続人となるのは、主に「配偶者」、そして「子」(養子、内縁関係にあった人との子:非嫡出子も含む)。さらに「直系尊属」(父母・祖父母等)・「兄弟姉妹」が相続人となる可能性があります。又、相続人の存否によって(相続人となる子が亡くなっている場合)、「孫」(子の子)や「ひ孫」、「おい・めい」等も相続の範囲に関係してきます。

相続人と相続の割合
相続人 相続の割合
配偶者・子 配偶者:1/2・子:1/2
配偶者・直系尊属 配偶者:2/3・直系尊属:1/3
配偶者・兄弟姉妹 配偶者:3/4・兄弟姉妹:1/4


内縁関係にあった人は、相続の対象とはなりませんが、嫡出でない子「非嫡出子(ひちゃくしゅつし:内縁関係にあった人との子)」は、相続の対象と認められています。尚、相続順位は「子」と同じですが、相続分は「実子」の1/2となります。

また、亡くなった人(被相続人)が遺言(ゆいごん・いごん)を残していた場合は、その遺言に従って相続することになります。ただし、遺言があっても「配偶者・子・直系尊属」に保障される相続分の割合(遺留分:いりゅうぶん)等も関係しますので、注意が必要となります。

さらに実際の相続手続きとなると、上記のような要件以外にも、「生前贈与」や「相続欠格」に該当する場合、相続人の存否による「代襲相続」等、様々なケースがあり、相続人が多数存在して複雑になるケースや遺産分割によって起こるトラブルなども少なくありません。

そのような不要なトラブルを未然に防ぐよう、また問題が発生した場合はスムーズに解決が出来るよう、相続に関する調査から登記手続きまでを専門家に任せるほうがよいでしょう。

相続登記はお済みですか?

相続登記を放置すると

何代にもわたって相続登記をしないで放っておくと、相続人増えて多くなり、それに伴ってトラブルや利害関係が複雑にからみ、放置期間が永ければ永いほど会った事もない相続人が増え、相続登記がスムース出来なくなり時間と費用が余分に掛かることになります。

借金も相続されます

人が死亡した場合に、死亡した人の持っていたすべての財産的権利や義務が相続人に引き継がれます。不動産、現金、預貯金、有価証券はもちろん借金や保債務まで引き継がなければなりません。相続財産がプラスかマイナス不明の場合や、借金などのマイナス財産が多いと予想場合は、相続を知った日から3ヶ月以内に限定相続や相続放棄を家庭裁判所に申し立てないと借金などのマイナス財産も引き継ぐことになります。

Copyright © 2013 印鑑の優美 All Rights Reserved.